FC2ブログ

気晴らし細論

多くを語らない引き算の勝利 『ショート・ターム』


どうも、こんにちは。

本日取り上げるのは、劇場公開された頃に何気なく "気になるリスト" に入れたのはいいものの、その後放置していた作品です。これがね、先日観てみたらすごくよかったので、自分なかなか見る目あるな、と思ってしまった。←


ショート・ターム(2013)

sp_main_release.jpg

家庭や心に問題を抱えた10代の子供たちが暮らす短期保護施設「ショート・ターム12」で働くグレイス(ブリー・ラーソン)は、ケアマネージャーとして子供たちの話し相手になり、生活をサポートしながら彼らを見守っています。そんな中、新入りの少女ジェイデン(ケイトリン・ディーヴァー)が周りに心を開こうとしないことをグレイスは気にかけます。彼女に寄り添うグレイス自身もまた過去の経験から、誰にも打ち明けることのできない苦悩を抱えていました。

あらすじだけを見ると、うっかり『サンサーラ』が流れてきそうな気配すらある。

『ザ・ノンフィクション』ね。私がしばらく "気になるリスト" に入れたまま放置していたのもそんな理由です。重い気分になるやつは観たくないなと思って先延ばしにしてました。実際、手持ちカメラで撮影してるだろうなみたいなシーンもあってドキュメンタリー的ではありますが、やっぱり思い込みはよくないね。

テーマは重いんですけれども、観る側が鬱にならない程度にとどめてくれています。それは話が薄くてペラペラという意味ではありません。この作品は、本当は存在するものを描かない、10あるものを5までしか描かないというスタンスのようです。なぜ残りの5を描かないのか、残りの5には何があるのか、それによって深みはむしろ何倍にも増大している気がします。

まず、ショート・タームで働くグレイスたちケアマネージャーは、教師でもなく、セラピストでもなく、ましてや親代わりでもなく、ただ子供たちを見守ることしかできない(認められていない)立場にあります。だからこそ、子供たち一人一人の事情に深入りせずに、淡々と流れる日々だけが描かれています。これが「なぜ残りの5を描かないのか」の理由と思われます。

次に、この作品はナレーションや過去回想が一切なく、登場人物たちのセリフだけで語られます。つまりキャラクター自身が語ったことしか観客も知り得ません。例えば前述したように、グレイスはトラウマを抱えています(しかも登場人物の中でおそらく一番えぐい過去)。それについては、一緒に働く同僚であり恋人でもあるメイソンにすら打ち明けられず、頑なに口を閉ざしています。

劇中で唯一ジェイデンにだけ、その過去について話すシーンがありますが、本当に一言、二言だけ。表面的な事実だけ。込み入った経緯や事情などは最後まで明かされません。簡単に人に語ることのできない暗い過去があり、それは観客にも明かさない。ご都合主義的な作品作りを否定するリアリティがある。これが「残りの5には何があるのか」の答えです。

暗い話を暗く描くのではなく、殊更ハッピーにするのでもなく、ただ粛々と過ごす日常があって、それでも作品として希望に満ちた終わり方をしているのがすごく珍しいように思いました。時間も97分とすっきり短めで言うことなし。



さて、真面目に語ってしまったので、ここからは私の推しメンの話をします(唐突)。

それはキース・スタンフィールド演じるマーカスという青年。彼も施設の入居者なのですが、作品開始時点でマーカスはまもなく18歳の誕生日を迎えるということで、施設を出ていかなければならない設定です(ショート・タームは18歳になったら卒業するというきまり)。母親から虐待を受けて施設へやってきたマーカスは、また母親と会うようになることに恐怖を感じていました。

そんなマーカスを心配して、メイソンが彼の部屋に顔を出すシーンがあります。普段からラップの作詞をしているマーカスに、メイソンはラップを聞かせてくれと言います。施設では汚い言葉は使用禁止なのですが、「ファックとかビッチとかそんなのばっかりだぜ」と言うマーカスに、メイソンもこの時ばかりは「みんなには黙っておくよ」と微笑みます。このやりとりもいいよね。


恐る恐る自信なさげにラップを始めたマーカスは、次第にビートに乗って自分の思いの丈をぶつけます。自分に暴力を振るった母親へのディスがラップの内容のすべてでした。実はキース・スタンフィールドはラッパーとしても活動しているらしく、私はそれを知らなかったので「すんげえうめえな」と思いました。しかし彼がプロだと知ってから改めて観ると、むしろ最初のぎこちないところの演技がすごい。

他にもマーカスの関係するシーンは全部よかったです。施設を出る前に髪を切りたいというマーカスの希望に沿って、グレイスがマーカスの髪を切ってあげるシーン、すごくぐっときた。それからラストでも、グレイスとメイソンが施設を出たマーカスに街でばったり会ったという話をしていて、本人は登場しないのですが、この一連の話もまたアツくてほっこりした。


最後に、グレイスの恋人のメイソン、めちゃくちゃイイやつ。髭モジャでビジュアルは好き嫌い分かれるかもしれないけど、きっとメイソンみたいなやつと結婚したら穏やかな家庭が築けるよ。

関連記事